愛猫たちの愛について語ってます。
また日常のおバカなことも語っております…。


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NewEntry
Archives
Comment
Links
Profile
Recommend
Other
Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
震災のこと。
 長い間放置状態のブログですいません;


放置している最中、起こった大地震。
東北地方太平洋沖地震。

旦那が当直のときに一人でみたテレビの映像。
傾いた東京タワーでまず驚き、そのあとに続々と信じられないような光景の日本。

自分のいるところ、テレビの映像。
なぜ?何が起こってる?

当直の旦那にテレビの様子をメールで送る。

旦那は当直中、何を言ってるんだろう?冗談か?と思っていたらしい。
しかし、旦那の病院からDMAT(災害派遣医療チーム)が被災地に飛んだ。

以下リンクするのは旦那のところとは違うだろうけど、看護師さんの日記です。
ミクシーにて教えていただいたのでリンクをはりました。


今回の日記はネコブログとはちょっと違うけど、
とても悲痛な体験と尊い…体験をしてきた看護師さんの日記をのせたいです。


テレビでは言わない現場の様子。
医療に携わる方、本当はもっと休んでもらって最善な状態で被災地のかたを治療していただきたいのに…それが出来ない状況。


今回の被災は短期間では終わらない…

今は震災が起こったばかりでみなが協力し、義援金を出し、被災者を思う。
だけど日がたつにつれ、みなは安心し被災地を忘れる…
今回の震災はケタが違う。
みんな、長く、長く忘れないで被災に会わなかった自分たちで支援続けましょう。


震災で折角助かった命が日々失われていきます。
そうならないような安心を一日も早く届けれますように…


(言葉が下手ですので、不快をあたえる文章がありましたらすいません…)

http://blog.goo.ne.jp/flower-wing


是非、読んでください。


- comments(4)
スポンサーサイト


- -
comment
看護師さんの日記読ませていただきました。
涙が止まりませんでした…。
小さな娘さんを残して亡くなってしまったお母さん。
私にも同じ年ごろの子がいるので悲しくて悔しい気持ちになりました。

千葉は震度5強の揺れでしたが、私の住んでるところは被害もなく
断水も停電もなく余震を除けば通常の生活ができています。
最初の2週間は被災地の事を考えるとこんな普通にしていていいのか
悩み、家からあまり出ることもありませんでした。
私にできることは何なんだろう?答えは出ないけど、出来ることをして
被災地の方たちと共にがんばって行けたらなと思います。
はなみん | 2011/03/27 10:23 PM
はなみんさま

コメントありがとうございます。
わたしもこの看護師さんの日記を読んで、これは物語でないだろうかと思うほど自分の生活とのギャップを思いました。

はなみんさん、ご無事でなによりです!
余震はまだまだ続いてるんですよね。
早く余震も寒さも無くなって被災地の方々がその不安からはせめて逃れれるように…と願っています。
復興まではまだまだ時間がいるし、体力も精神もガマンできる範囲を超していると思う。
せっかく助かってくれてる方々をこれ以上失わないために共に頑張っていきたいですよね。
何ができるか・・・答えって本当出ないです。
出来ることをするしかないですよね。一緒に前を向けたら…と思います。
neji | 2011/03/28 6:01 AM
はなみんさま
医療者の視点からです。
当日は、救急医療センター当直のため、仮眠。そのため、災害にまったく気がつきませんでした。当然テレビも見ませんでしたし。
で、出勤。なんだか違う。DMATが動いている。我々の病院は、災害拠点病院に指定されているため、スクランブル訓練(実際にゲリラ的に行われます。本当にまれですが)?DMATは他の病院と合流し、ヘリで飛びました。この段階でも「夜間訓練?」と考えていました。救急外来の業務多忙で、まったく情報確認できなかったのです。で、愚妻からのメールでやっと現実が理解できました。そして、他のヘリが向かう音が聞こえる。本物だ。
DMATは本当に過酷です。瓦礫のわずかな隙間にライトひとつではって入り込み、血管確保(点滴)、気管内挿菅(気道確保)、余震との戦い。
不眠不休で活動しても助けれない…DMAT隊員も精神的にぼろぼろ。おまけに、反射波(津波が対岸に当たり、位相が反転してまた戻って襲ってくる)が観測され、事実上の撤退命令。何もしてあげることが出来ない。
被災された方々が一番つらい。でも、マスコミはDMATについては何も報道しない。これが現実です。今も我々の病院から2人現地に行っています。
私は音楽が大好きです。出来ることは経済の活性化と、募金。つまり、後方支援。ライブには行きます。そしてそこで募金をします。私を大切にしてくださっている金子飛鳥さん(検索してみてください)に行くとにしました。
どんな形であろうが、全国民が「一歩でも前へ」そう心より願います。
質問していただければ、マスコミの報道しない真実をお伝えします。


旦那 | 2011/03/28 9:24 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/03/28 7:23 PM
send






(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.